ひまつぶし


by ochakennwoope
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2007年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

とうとうです。

公務員試験の参考書と言われる
『林業実務必携』を予約しますた。
ようやく、行き着いた感じです。
初めて表紙を見たとき、なんとかして、別のもので勉強したい
と、激しく思ったんですが。
結局はこれがいいということになりました。
なんだか、他の本はすべて、林学の勉強ではなく、
森林の紹介といった感じで、3冊程度読んだけど、公務員試験かんけーねー
っという感想でした。
それぞれの本自体は、とても面白かったから、時間の無駄とは思わないけど。

ということで、とうとう、本腰を入れて公務員試験の勉強に入ります。
1週間くらい集中して勉強できると思うので、その間に自分の行動をパターン化できれば
いいなーという計画。
2足どころか、3足履こうという計画なので、どうなることやら、という感じが拭えない。
とりあえず、今月中に勉強できる頭にしておきたい。
[PR]
by ochakennwoope | 2007-05-26 18:50 | 憂鬱な学校生活

本を読んだ

2003年に書かれた本で、内容的にはきっと
5~10年前には専門家たちの中で議論されていただろう話を読んだ。
ということは、その数年前には彼らの発想があったわけで
かなり昔の話題と言えるかもしれない。

めちゃくちゃ新鮮だった。
すばらしいと思った。研究とはこのように、未来の人が読んでも新しいものなのだと思う。
病原体との共生について書いてあったけど、
いろんな種類の病原体の、それぞれいろんな専門家がいて
直感を信じてやったら正解でしたって言うノリがカッコいい。
病原体ですよ、病原体。

自然の美しさは、『フラクタルな構成』に由来するのでしょうか?(知らんけど)
ヒトの細胞では、ミトコンドリアと共生してたり
植物の細胞では、葉緑体と共生してたりしてるけど
同様に、ヒトは病原体と共生している、って感じの話だった。

原子の構造を見たときに、それが太陽系にそっくり
とか、
個体間の社会構造が集団間の社会構造にそっくり
とか
他にもochaの知らない有名なフラクタルがあるんだろうな。
美しいものをもっと知りたい。
というか、そういうので頭をいっぱいにしている人々は、ミームで進化してきた
ヒトとして、結構幸せな部類なのかもしれない...
本人たちは自虐的な発言をするかも知れませんが、こういう頭の使い方は格好いい。
[PR]
by ochakennwoope | 2007-05-17 19:41 | 日記